2017年 社員旅行2班 屋久島・鹿児島の旅
岡山駅を出発し
終点の鹿児島中央駅へ
向かいます。
今回乗車するのは
さくら新幹線です。



鹿児島では名物のとんかつを
いただきました。
鹿児島港から高速艇トッピーに乗り、屋久島の宮之浦港まで
およそ3時間の船旅です。
梅雨空の合間から、桜島から煙が上がっているのか見えました。

高速艇は速度が80km程です。海上では景色が同じなので
実感が湧きませんでしたが、かなりのスピードです。
しかも揺れも殆どなく快適でした。
白谷雲水峡へ向かいます。

さっそく屋久島猿のお出迎えです。
子連れの母猿もいました。

苔がびっしりと生えています。
もののけ姫の森です。


二代大杉の前で


ウィルソン株のレプリカ
本物の切り株は、山の中にあります。
本物のウィルソン株は中は空洞になっていて入ることができて、
見上げるとハート型に見える所があるそうです。
紀元杉
2班も、翌日は大雨!
1班と同じく、ラッキョウ粒の雨です。


太忠岳がバスから見えました。
巨大な天柱石です。高さ40mもあるそうです。
屋久杉自然館

木のぬくもりがいっぱいの展示です。

年輪を数えるコーナーがあります。
かなりたくさん数えるでしょうね。

大きな杉を切る為に
大きな鋸が使われたんですね。
大型チェーンソーの
持ち上げ体験。山陽ガスの
力自慢が挑戦です。
刃が長いので持ち上げるのに
コツが必要です。
屋久島では、トビウオの料理をいただきました。
天ぷらです。飛翔している姿みたいですね。
頭からしっぽまで、背骨以外はすべて食べられます。

鹿児島はさつまあげも有名ですね。
トビウオのすり身で作る「つけあげ」もいただきました。
千尋の滝
大雨のおかげで、2班も素晴らしい滝が出現しました。
展望台からの眺め
志戸子ガジュマル公園
湿気が多く、蚊がいます。
受付で団扇を借りて扇ぎながら散策します。
室内用観葉植物のクワズイモが
屋久島では自生しています。

となりのトトロで、
トトロが傘の代わりに
頭にのせていた葉っぱですね。

鹿児島県 環境文化センター
ガイドの方から屋久島の成り立ちや自然環境について
説明を受けました。

ミニシアターで上映されている
屋久島 森と水のシンフォニーでは、
先程眺めていた千尋の滝の上を飛ぶように撮影した
ムービーが見られます。
環境文化センターを背に、高速艇トッピーに乗って、
指宿港へ向かいます。
鹿児島
指宿温泉で砂蒸し風呂に入りました。
長崎鼻・開聞岳・池田湖へ出発です。

開聞岳は美しい姿ですね。
 
池田湖
巨大水棲生物が存在していると言われています。

画面の中央に、うっすらと開聞岳が見えますね。

池田湖のイッシー。

ネス湖のネッシー、

以前社員旅行で訪れた
屈斜路湖のクッシーと共に

イッシーと言われています。
湖に生息するオオウナギ。
市の天然記念物です。

体長が2メートルの個体もあり、
イッシーの正体ではないかとも
言われているそうです。

人間の腕程も太さがあります。
鹿児島名物
豚しゃぶ
知覧の茶畑
知覧特攻平和会館
桜並木の奥に建物がありました。
特攻隊の方々を地域別に検索できるようになっています。
語り部の方が岡山の方のお話をして下さいました。
 仙巌園
世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」
 
島津家の当主と家族を祀る鶴嶺神社。
 


屋久種子五葉の松の木
  島津家の御殿をバックに。
お天気が良ければ雄大な桜島が見えるそうです。
大雨の日、曇りの日、お天気には恵まれませんでしたが、
見どころいっぱいのとても充実した旅行となりました。
このウィンドウを閉じる

Copyright(C) 2004 SANYO GAS Co.,ltd. All Rights Reserved.